2019年は年明け早々ビットコインをはじめとする仮想通貨が一斉の急落するといった、波乱のスタートとなりました。

仮想通貨バブルは2017年にスタートしましたが、1年前の日本の仮想通貨取引所からの大量アルトコイン流出事件が発生しました。

その結果、仮想通貨関連の帰省が強化された結果、バブルは崩壊し、2018年は仮想通貨市場は低迷が続きました。

そんな仮想通貨市場が2019年はどうなるかを、専門家50人が予想しているので、それを共有します。

 

Sponsored Link

2019年の仮想通貨はどうなるのか?

コインテレグラム日本語版の調査によると、

一番多くの専門家に注目されているのが「ブロックチェーンの現実社会での応用」だ。また「規制」にも多くの人が注目。「STO(証券トークン)」への期待も集まっている。さらに「金融商品としてのビットコイン」、「ブロックチェーンゲーム」、「dApps(ブロックチェーンを使ったアプリ)」、「ステーブルコイン」、「金融機関向け仮想通貨カストディ(保管業務)」等が注目されている。

注目の仮想通貨として一番言及が多かったのは順に、イーサリアム(ETH)、XRP、EOS(イオス)だ。

専門家50人の意見をサマリーすると、

ビットコインの平均レンジは

33万1000円~110万4000円

となっています。

各専門家にビットコインの予想価格をコインテレグラムは聞いていますが、未回答の専門家も多いことから、やはり2019年も不安定な状況が続くと見るのが妥当かもしれません。

専門家の意見を見てみても、仮想通貨が本来目指した通貨としての機能よりも、金融商品的な位置づけで捉えているようです。

また、2019年注目の仮想通貨はとして一番多く名が挙がったのが、イーサリアムでした。

 

Sponsored Link

専門家が注目する仮想通貨イーサリアムとは?

現在、時価総額2位の仮想通貨になります。イーサリアムは2013年に考案、2014年に販売開始され仮想通貨であり、現在はビットコインに次ぐ仮想通貨になります。

イーサリアムの特徴は、ビットコインと異なり、分散型アプリケーションのプラットフォームのために開発され、そのプラットフォームを実現させたのがスマートコントラクトの技術です。