飛行機雲で男性のアレを描く!画像アリ 洒落で描くもネットで拡散し発覚処分

アメリカ海軍のパイロットが、シャレのつもりで飛行機雲を使って描いた絵が、ネット上で瞬く間に拡散し、発覚!

米海軍は、所属のパイロットが飛行機雲でわいせつなイメージを空に描いたことを認め、わいせつな絵を飛行機雲で描いたパイロットに飛行停止処分を下したことを発表した。

シャレが効いているから、瞬く間にネットで拡散したと思われますが、さすがに米海軍の威厳を損なう行為なので処分が下されたのだと思いますが、少し、色々と調べてみたので共有します。

◆海軍パイロット描いた男性のアレの画像はこれだ!

問題の飛行機雲の画像はコチラになります!

確かに言われてみれば、そのようにも見えますが、、、、

でも、これを目撃したら、面白がってSNSに投稿してしまうのは、なんとなく解りますね。

パイロットはシャレのつもりで、描いたのかもしれませんが、シャレでは済まなかったようです。

◆使われた戦闘機は75億円!最新鋭の戦闘機だった!

今回の男性のアレを飛行機雲で描くのに使われた戦闘機は、アメリカボーイング社製のEA18Gと呼ばれる機種で、F18スーパーホーネット戦闘攻撃機に高度な電子戦装備を搭載した最新鋭の戦闘機になります。1機約75億円の最新鋭の戦闘機が、海軍パイロットに弄ばれた形になります。

おそらく、これらの戦闘機は、北朝鮮での有事の際には大活躍するような戦闘機だと思われます。

◆男性のアレが飛行機雲で描かれて場所は?

報道によると、問題の飛行機雲が描かれた場所は、北西部ワシントン州オカノガン上空とのことでした。オカノガンは人口2561人の小さな街のようです。

◆この飛行機雲アートを見た多くの人は面白がった

当然ですが、このような飛行機雲が描かれれば、見た人は面白がって、SNSに写真や動画をアップしまくる訳です。

報道されている、目撃者のコメントは、「飛行機が下の(二つの)丸を描き終えたところで何の絵なのか分かり、笑いがこみ上げてきた」「本当に面白かった。あんなものを見るななんて考えたこともなかった」というような感じになっています。

海軍のパイロットがどういう意図で描いたのかは分かりませんが、シャレのつもりで描いたものが、SNSによって瞬く間に広がったことで、海軍司令部に伝わり処分されてしまう結果になったようです。

流石に海軍の威厳を大きく損なう行為だったので、処分されてしまったんですね。個人的にアメリカならこれくらいにシャレが許されると思ってました、そうでもなさそうですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする