日本国内では静かだが、海外の動きは大きい

日本国内では最近、めっきり仮想通貨(暗号資産)に関する情報が
あまり報じられなくなりました。

各通貨の値下がりばかりが注目されて、
価格以外の仮想通貨周りのことがあまり注目されていません。

ただ、海外に目を向けると、
仮想通貨関連の動きに関する報道は日本国内と
比べ物にならないくらい配信されています。

 

イギリスでは仮想通貨などの関連企業への投資が大幅増

Sponsored Link

 

イギリスの金融情報サービス会社であるピッチブックとロンドン&パートナーズが、
2018年にベンチャーキャピタルから仮想通貨及びブロックチェーン関連企業への投資額が
過去最高の2億ポンド(日本円で275億円)を超えたと発表しました。

2018年は仮想通貨関連は下落相場が続いていたものの、
仮想通貨関連企業への投資額は、
2017年の1911万ポンド(26億円)から大幅増の結果となりました。

相場自体が下落していたので、
仮想通貨・ブロックチェーン企業への投資は
冷え込むと予想されていましたが、
結果的に多額の資金がスタートアップに
流れ込む結果となりました。

また、仮想通貨・ブロックチェーン企業の中で
もっとも資金調達に成功したのは、
マイニングやブロックチェーン技術を提供している
ビットフューリー社で、その総額は6100万ポンド(84憶円)となりました。

 

海外の動きはおさえておくべき理由

冒頭でも書いた通り、日本国内は
仮想通貨関連のニュースは価格以外の側面は
なかなか報じられません。

ですから、仮想通貨自体がもうオワコン的に
捉えられていそうですが、
海外の情報に目をやると、
未来の技術に対して積極的に投資が
されていることに気が付きます。

海外の関係機関が、
仮想通貨・ブロックチェーン企業への投資額を
増やしていると言うことは
それなりのリターンがあると想定しているからです。

現状は相場が下落して
人々の関心が仮想通貨から離れつつありますが、
海外での動きを見ている限りは、どこかのタイミングで
一気に跳ねる可能性があります。

ですから、大小にかかわらず

仮想通貨・ブロックチェーン関連の情報には
感度を高めて極力キャッチするように
した方がいいですよ。

そうすれば、来てるべきタイミングで
波に乗れる可能性が一気に高まりますよ。

でも、なんで日本の企業は積極的に
このマーケットに参入していかないんだろうか・・・

現状は投機的側面が強いですが
テクノロジー的には近い将来、
金融の仕組みを根本から覆す
可能性がある分野なのに・・・・

こういった分野で、
日本の企業が主導権を取るべきなのに
と思いますが、目先ばかりに注目し過ぎて
先が見えていないようです。

Sponsored Link