上田一美 最新画像キャッチ 不倫相手との別れ話で逆上 千葉をに遺棄を断念した理由

また、痛ましい事件が発生しました。1日に新木場で主婦である不倫相手との別れ話のもつれから、トラブルに進展し、被害者女性の遺体を遺棄した容疑で、区役所の職員である、上田一美容疑者が逮捕されています。

各メデイアが、座間の事件を軸に報道をしており、こちらの事件があまり報じられていません。そんなこともあり、上田一美容疑者の写真が出ていない状況でした。

拘留先の警察から移送される際の画像が入っていました。

スポンサーリンク





■上田一美容疑者の貴重な写真映像をキャッチ

なかなか報じられませんでしたが、拘留先から移送される際の映像が報じられ、上田一美容疑者の姿が初めてメデイアによって報じられました。

区役所職員の凶行に、大田区民は動揺を隠せない状況です。現在は、不倫相手の死体遺棄の容疑での検挙ですが、上田一美容疑者は取り調べの供述のなかで、実際に自分が手をかけたことを認めているので、殺人容疑に切り替えて捜査・起訴が進んでいきます。

すでに報じられてりますが、不倫相手との交際上のトラブルで、上田一美容疑者が激高して、手をかけてしまったようです。詳細はまだ明らかになっていませんが、衝動的に犯行に及んでしまった可能性もあります。

スポンサーリンク





■上田容疑者は座間の事件の影響で遺棄できず4時間徘徊

被害者の遺体が発見されたのは、今月1日であり、その時は、座間の白石隆浩容疑者の凶行の全容が明らかになりつつあるタイミングでした。

当然、上田容疑者も報道は見ていたはずです。ですから、相当焦っていたと思います。

それを如実に表しているのが、「当初は千葉に捨てようと考えていて、4時間後ほど周辺をウロウロしていた」と供述している点です。

4時間かけてウロウロした挙句に、新木場の路上の遺棄して、その場を立ち去ったようです。その現場から、上田容疑者の車が立ち去るところを防犯カメラがとらえていいて、それが逮捕のきっかけになったようです。

■上田容疑者は殺人罪での立件は不可能?

今回の上田容疑者の検挙容疑は、死体遺棄容疑ですが、当局は最終的には殺人容疑での立件を視野にいれて捜査していると思います。

ただ、これまで報じられている内容は、被害者女性から、別に交際相手がいることを伝えられ、それに激高して、手を掛けたと報じられています。この場合、最初から殺意を持っていたとは言いがたい状況です。今出ている情報を精査すると、衝動的に犯行に及んだ可能性が極めて高い訳です。

殺人罪が成立する要件としては、

・明確な殺意があったこと

こんかいのようなケースの場合は、おそらく犯行当時の殺意の有無が争点になりと思います。それによって量刑が前後すると思います。

いづれにせよ、殺人事件なので、裁判員裁判での裁判になりますので、その争点をどう判断するか注目です。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする