藤原規洋 顔画像は? 元毎日新聞社幹部が窃盗で逮捕 定年退職後の幹部社員は何を

また新聞記社関係者の事件が発生してしまいました。今回は元毎日新聞社幹部社員で、現在フリーライターの藤原規洋容疑者が窃盗の容疑で再逮捕されました。藤原規洋容疑者は、先月30日に、車のトランクにバールを持っていたとして、特殊開錠用具所持禁止法違反容疑で逮捕、起訴されています。

今回は毎日新聞社の元幹部社員である藤原規洋容疑者が定年退職後におこした事件についいて、情報を収集しましたので、共有します。

スポンサーリンク





■藤原規洋容疑者の顔画像は?SNS調査の結果・・・・

流石に、元毎日新聞社の幹部社員とあって、画像がたくさん出てきそうですが・・・、中々、本人を特定できるものはありませんでした。

藤原規洋容疑者は、毎日新聞社の幹部社員であり、定年退職後は、フリーライターとして活動されていました。

毎日新聞社の幹部社員時代は、大阪本社経済部長や同制作技術局長などを歴任しており、エリート社員だったようです。

■藤原規洋容疑者が現金を引き出したコンビニの場所

事件のニュース報道で現場の画像が放映されていました。その画像からコンビニ名は特定できました。そのブランドのコンビニは三田市内には2店舗なので、ニュース映像からおそらく下記店舗だと思われます。

スポンサーリンク





■藤原規洋容疑者が特定された理由

今回の事件では、藤原規洋容疑者が他人のキャッシュカードを不正に利用して、コンビニのATMで65万円を引き出した容疑ですが、実はこの事件、2015年の12月22日に発生した事件なのです。約2年前の事件の容疑者が、やっと逮捕されたということです。警察の捜査で、被害者である会社員の現金の引き出し記録から、引き出し現場のコンビニを特定して、その防犯カメラ映像を解析して、藤原規洋容疑者にたどり着いたようです。

ですから、2年の時間がかかったとはいえ、防犯カメラ映像から犯人を特定することは十分に可能な訳です。

ただ、その時の状況が報じられていませんが、事件発生から2年かかったことを考えると、防犯カメラ対策はしていたとも考えられます。

また、被害者の妻のカードでも現金を引き出している件も、同様に捜査されています。

■藤原規洋容疑者 先月30日に特殊開錠用具所持禁止法違反罪で起訴

実は、藤原規洋容疑者は先月30日に、車のトランクにバールを隠し持っていたとして、特殊開錠用具所持禁止法違反罪で逮捕起訴されていました。

バールを車に隠していたとなると、今回の事件とは別に余罪があるとも考えられますので、警察は捜査を進めているようです。

新聞社の定年退職後とは言え、幹部社員が犯罪を起こすと、メディアとしての信頼を失墜してしまいます。今回の時間が毎日新聞社に与えた影響は大きいと思います。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする