大阪梅田 強盗被害の貴金属買取店の名前はギャラリーレア お店の場所はココ

大阪梅田の繁華街の一角にある貴金属買取店に強盗が押し入り、お店にあった売上金150万円を奪って逃走しました。犯人は現在も逃走中です。

報道では強盗被害に遭ったお店の名前は報じられていませんでしたので、ニュース映像を元に店名とお店の場所を調べてみました。

Sponsored Link

◆強盗被害にあったお店はギャラリーレア

今回の大阪梅田の繁華街の貴金属買取店での強盗事件の報道では、大阪市北区堂山の貴金属買取店としか報じられていませんでした。ただ、ニュース映像では現場の映像が流れていましたので、意外にあっけなく店名が解りました。

被害にあったお店の名前は、ギャラリーレア梅田店になります。ギャラリーレアは、大阪を中心に神戸、名古屋、東京に9店構える貴金属買取店になります。このお店は、ブランド品、金・プラチナ、ダイヤ・宝石を買い取っているお店ですから、店内に現金があることは容易に想像ができます。恐らく犯人はそれが解っていて、このお店をターゲットにしたのだと思われます。

ギャラリーレア梅田店 お店の場所

今回被害にあったギャラリーレア梅田店の場所はここになります。

現場はJR大阪から800mほどの場所で、阪急東中通商店街の都島通側の入り口にあるお店です。日中は非常に人通りの多い場所になりますが、事件は午前11時に発生していますので、開店直後を狙って押し入ったと思われます。

Sponsored Link

◆犯人は誰?顔画像は?

犯人は現在も逃走中で捕まっておりません。ただ、ニュースでも報じられている通り、周辺の防犯カメラ映像にはっきりと逃走する姿が捉えられています。

犯人の特徴は、報道によると、20~30歳前後の男で、マスクで顔を隠し、黒いジャンパーに青いジーンズ姿であったようです。

事件現場が大阪梅田の繁華街になりますし、報道にある通り、防犯カメラ映像にはしっかりと捉えらています。

当然ですが、大阪の繁華街ですから、防犯カメラは多数設置されています。

また、最近の防犯カメラの性能が向上していますので、非常に鮮明な映像でとらえることができています。

それらを警察が解析すれば、犯人の足取りを掴むことは、さほど難しくはないと思われます。ですから、比較的早い段階で犯人は検挙されると思われます。

◆まとめ

昔から言われていますが、年末は強盗事件やひったくり事件が増えます。昔と違って、今は防犯カメラの設置数が劇的に増えているので、確実に検挙されてしまう状況です。防犯カメラの設置に関してはプライバシーの問題と隣り合わせですが、防犯上のことを考えると設置は不可欠だと思います。

Sponsored Link
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする