大槻篤司 顔画像は? 犯行現場のコンビニ特定 ミニストップ鉾田店 お店は誰が直す?

自営業の大槻篤司容疑者が知人男性と口論となり車でひこうとした事件で、犯行現場となったコンビニの場所が特定できました。また、大槻篤司容疑者の顔画像やプロフィール、今回の事件で被害を被ったお店の弁償はどうなるのかを調べてみました。

Sponsored Link

◆大槻篤司容疑者が突っ込んだコンビニはココだ

大槻篤司容疑者が知人男性を引こうとして、車で突っ込んだコンビニの場所はココになります。

犯行現場となった、コンビニはミニストップ鉾田店になります。県道2号線の中根交差点にある、コンビニエンスストアになります。

お店の前にある柵(ガード)をなぎ倒して、店舗に突っ込んでいます。ニュース報道での映像では、店舗の外壁に破損が見られますが、駐車場とお店の間のガードによって、車の勢いが抑えられて、車自体が店内に突っ込むまでには至りませんでした。

ただ、柵(ガード)なぎ倒して、店舗壁面にぶつかった訳ですから、それなりのスピードであったと思われます。

◆大槻篤司容疑者の顔画像?SNSリサーチの件

今回、逮捕された大槻篤司容疑者について、ネット周りを調べてみました。

色々と調べてみましたが、大槻篤司容疑者の画像や詳細のプロフィールは特定できませんでした。現段階で分かっている情報は以下の通りです。

名前:大槻篤司

年齢:21歳

職業:自営業(とび職)

住所:茨城県鉾田市在住

詳細な情報が入り次第、追記させていただきます。

Sponsored Link

◆大槻篤司容疑者の自動車保険は使えるのか?

当然、今回の事件では、コンビニエンスストアも被害者になる訳です。駐車場の設備の一部が破損し、店舗壁面も破損している訳で、当然補修が必要になります。

こういった場合、当然、加害者である大槻篤司容疑者がその弁済を行うことになります。ただ、実際の所はどうなのでしょうか?

通常の事故であれば、運転者が任意保険に加入していない場合以外は、運転者の自動車保険で弁済を行うことになります。ただ、今回のように、口論となった知人男性めがけて車を運転して突っ込んだ訳ですから、間違いなく保険適応にはなりません。

ですから、大槻篤司容疑者自身が弁済するしかありません。ただ、現実問題として加害者が弁償義務を遂行できないことが多いようです。

では、この場合、お店自身の費用負担で補修するのかというと、そんなことはありません。このような大手チェーンの店舗の場合、ほぼ確実にフランチャイズ本部が提供する保険に加入しているので、その保険を使って店舗を補修することになります。

ですから、お店が補修費用を自腹で払うということは、ほぼ無いと思って間違いありません。ただ、チェーン店でなく個人のお店だった場合は、保険に入っていないケースの方が多いので、その場合は、加害者に弁済能力がなければ自己負担になってしまいます。

もちろん、通常は今回の事件のようなことは起こらないので、たいていは、加害者の自動車保険で対応できてしまうことがほとんどだと思います。

ただ、飲酒運転の場合も同様に自動車保険適用外になりるので、やはり、ロードサイドでお店を開く場合は、店舗を守る保険に入る必要がありそうです。

◆ネット上の声

今回の大槻篤司容疑者の事件に対する、代表的なネット上の声は次の通りです。

的をしっかり狙えなかったことから
クスリをやってるかもしれないな。

こーゆー運命だったんですかね。なんで悪い事もしていないのにこんな老人に殺されなきゃいけないんでしょうね。前世で何か悪い事でもしたんですかね、宗教家の方に聞いてみたい。

腹が立つような事って誰にでもあるけど、最近の奴らは抑止力ってものはないのかね?

激昂したとは言えこりゃー悪質だな!

勘弁してくれ、ひかれなくてよかったし、巻き添えなくてよかった、

轢くぞコラボケ!みたいな感じで
やってたんだろうな、、、
それで自分が店に突っ込むか、、
要するにファビョりんこでしょw
むしろ殺人未遂でよかった
ただの器物損壊や物損事故なら
ますます逆恨みして命狙いそうだもんな。

◆大槻篤司容疑者の事件の概要

今回の事件報道は次の通りです。

知人男性をひき殺そうとして車でコンビニエンスストアに突っ込んだとして、21歳の男が逮捕されました。

 殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、茨城県鉾田市のとび職・大槻篤司容疑者(21)で、9日午後10時半ごろ、鉾田市のコンビニエンスストアの駐車場で20歳の知人男性と口論になり、車でひき殺そうとした疑いがもたれています。男性はとっさによけて無事でしたが、車はそのままコンビニに突っ込みました。店舗には経営者の男性と従業員の女性がいましたが、けがはありませんでした。

 警察によりますと、大槻容疑者と知人男性は、以前からトラブルを抱えていたということです。取り調べに対し、大槻容疑者は容疑を否認していて、警察は当時の状況について詳しく調べています。

◆まとめ

何だかんだで、ちゃんと保険に入っていないと、万一の時に泣き寝入るしかなくなってしまうんですよね。今回のようなケースは別として、飲酒運転での事故の場合は発生確率は高くなるので、店舗保険には入っておくべきだと改めて感じました。

Sponsored Link
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする