六波羅雄飛 片岡まどか 画像あり カップルで有名人のサイン偽造 1億円の荒稼ぎ

ネット上で、有名人の偽のサインを販売で、六波羅雄飛容疑者、片岡まどか容疑者のカップルほか2名を詐欺の疑いで逮捕されました。

六波羅雄飛容疑者、片岡まどか容疑者は、女優の石原さとみさんを含む、有名タレントや歌手のサインを偽造して、オークションサイトに出品し販売していました。

ファン心理に付け込んだ悪質な犯行です。

今回の事件について、少し掘り下げてみます。

スポンサーリンク







■カップルで偽サイン販売 1億円以上の荒稼ぎ

六波羅雄飛容疑者、片岡まどか容疑者は、約5年前から、今回のような有名人の偽サインを作成して、オークションをフル活用して、のべで1億円以上荒稼ぎをしていたようです。

熱狂的なファンからすれば、本人の直筆サインは、のどから手がでるほど欲しい訳で、そのファン心理に付け込んだ犯行になります。

当然、熱狂的なファンは、仮に高額であったとしても、欲しいと思えば購入する訳ですから、被害額が大きくなるのも頷けますし、六波羅雄飛容疑者、片岡まどか容疑者が5年間で1億円以上荒稼ぎしたのも頷けます。

また、購入者も本物か偽物かを判断することも、事実上できないので、事件の発覚が遅れたのかもしれません。

また、同様の偽サインを販売する事件も、過去来散見されますが、購入者自身が基本、本物だと思って購入している訳ですから、なかなか発覚しないのも、これらの事件が減らない要因かもしれません。

恐らく、一人の出品者が、同様のサインを複数出品していたりする場合に、タレント関係者が、わざと落札して、被害届を出し、発覚するケースも多いと思われます。

スポンサーリンク






■オークションサイトでは多数の取引が

有名人のサインが果たしてどの程度、オークションサイトに出品されているのか?

調べてみたら、約18,000件の出品があります。金額も大小さまざまですが、高値にも拘わらず、数多くの入札が入っているものもあります。

もちろん、出品されている同様の商品のほとんどは、本物のサインだとは思いますが、18000件の出品があれば、確率論的に考えても、六波羅雄飛容疑者、片岡まどか容疑者のように、偽サインを販売しいるケースも無いとは言えません。

繰り返しになりますが、販売されている有名人のサインが、本物か偽物かの判断は、明らかに異なる場合は別として、巧妙に似せた場合は、本人でもできない可能性があります。

当然ですが、いちいち筆跡鑑定をする訳もいきませんから。

また、仮に偽サインであったとしても、本人が本物だと信じている訳ですから、今回のような事件は、なかなか発覚しないのが現実なのかもしれません。

このように、オークションサイト等で有名人のサインなどを手に入れる場合は、偽物である可能性もあることを理解した上で、入札する必要があります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする