坂上尚 顔画像は?12/5更新情報アリ 小5女児に惚れて一晩連れまわして御用!神戸、未成年者誘拐容疑

ついにSNS絡みの犯罪に小学生が巻き込まれる事態が発生しました。事件の容疑者である、坂上尚容疑者は、スマホアプリの掲示板で知り合った小学5年生の女児をLINEで呼び出し、14日夕方から一晩中神戸市内を連れまわした容疑で逮捕されました。

坂上尚容疑者は、メッセージアプリで知り合った女児に会うために、東京から神戸にやってきたと供述しています。

今回の事件では、女児に怪我はなく、性犯罪には該当せず、未成年者誘拐容疑での検挙になりました。

今回は、この事件に関して、もう少し深堀をしていきます。

Sponsored Link

■坂上尚容疑者の顔画像は?ネットリサーチの結果

ツイッターでは、坂上尚というアカウントが6件ありましたが、坂上尚容疑者のものと特定できるものはありませんでした。また、Facebookも2件ヒットしましたが、いづれも別人のようで、現段階で、坂上尚容疑者の画像は公開されていません。

今後、捜査が進み、送検される段階で、移送の際に坂上尚容疑者の姿を捉える映像が公開されるとおもいますので、その映像は入手しだい、更新させていただきます。

現段階で分かっていることは

住所不定で無職の30歳男性であること。

これだけになります。

■坂上尚容疑者、小5女児に「愛してる」って

今回の捜査の中で、坂上尚容疑者は、小5女児とメッセージアプリの掲示板で知り合った後、メッセージ機能を使って、直接やりとりする中で、坂上尚容疑者は小5女児に対して。「愛している」とメッセージを送っていたようです。

報道内容を紐解いていくと、2~3か月前に掲示板で出会って、やり取りをしていく過程で、お互いの顔写真を交換していたようです。おそらく、坂上尚容疑者が東京から女児に会うために、神戸にやってきて、それから、近所のコンビニに呼び出したと考えられます。

坂上尚容疑者は女児を呼び出す際に「愛してるよ」とLINEで女児に対してメッセージを送っていた訳です。30歳の男性が小5女児に恋心をいだくことはあるのでしょうか?

これは気持ちの問題なので、なんとも言えませんが、LINEでやり取りをする過程を通じて、惚れてしまったのかもしれませんね。

恋は人を盲目にしますから、ただしい判断ができなくなっていたのかもしれません。

Sponsored Link

■小学生もスマホ所有の衝撃

ついに、小学生のスマホ所有率が84%に達し、中学生で91.9%、高校生に至っては、98.2%となっています。小学生の所有率が80%を超えている現状を考えると、今後、SNSを介した事件が、益々増えてくる可能性が高まります。

特に、スマホでのやり取りは、親や第三者が中身を把握することは難しく、今回の事件のように、東京に住む坂上尚容疑者と神戸に住む小学5年生の女児が、簡単に知り合うことができ、連絡も簡単に取ることができてしまう訳です。

今回は、たまたま夜通し、連れまわされただけで済、性犯罪等の被害はありませんでしたが、座間の事件のような凶悪な事件に巻き込まれる可能性も高かったりします。

また、LINE等のグループを使ったいじめの問題も深刻化しています。学校生活の中に、スマホが侵攻してきたことで、従来とは異なった様相になりつつあります。

特にいじめなどが、目に見えない形で、行われるケースも増えてきていると思われます。

全てを規制は良くありませんが、何らかの対応策は、行政やアプリ提供会社、通信事業者等で何らかの対策を打っていかないと、今まで以上に、SNSを介した犯罪が増え、小中高生をターゲットにした性犯罪の件数も増加すると考えられます。

スマホとSNSの登場で、確実に今までの常識の範囲内で物事を考えるは無理があるので、SNSやスマホとどうやって付き合っていくのか?どうやって安全に活用していくのか?

そんなことを社会全体で早急にかんがえる必要があると思います。

◆誘拐だけじゃなかった!淫行容疑で再逮捕(12/5更新)

当初、坂上尚容疑者は、小5女児を連れ出した未成年者誘拐の容疑での逮捕でしたが、捜査が進んで動きがありました。

やはり、予想通りといいますか、坂上尚容疑者は、小5女児に対して、女児の体にさわるなどの淫らな行為をしていたとして、再逮捕されました。

神戸市内の公園や海岸で、女児に対して淫らな行為をしたことを、坂上尚容疑者は認めているようです。しかも、逮捕容疑が強制性交罪ですから、当初の想定よりもかなり悪質な犯行です。今後、捜査が進むにつれて全容が明らかになるとは思いますが、別に被害者がいないことを祈るばかりです。

Sponsored Link
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする