末平征広 画像は? 現場特定! なぜ85歳女性を襲ったのか?犯行の動機が・・・石川県羽咋市の農村!

今年5月に1人暮らしの安達幸さん85歳が殺害された事件の容疑者が逮捕されました。逮捕されたのは末平征広容疑者32歳です。

警察は事件後に、事件現場周辺に設置してある、防犯カメラの解析を続け、末平征広容疑者が浮かび上がり、任意での事情聴取の際に、容疑を認め、逮捕にいたりました。

今回はこの事件の容疑者について、深堀していきます。

Sponsored Link

◆末平征広容疑者の画像は?リサーチの結果

末平征広容疑者が逮捕された報道がでて、間もないため、情報があまり出てきていません。情報が入り次第、更新させていただきます。

現在解っている情報

名前:末平征広

年齢:32歳

住所:石川県羽咋市

職業:会社員

末平征広容疑者の住む羽咋市の位置

末平征広容疑者は、前職の仕事で、安達幸さん宅に設備工事に入ったことがあったようです。その後、安達幸さん宅を訪れ、安達幸さんを殺害しバックなどを奪って逃げたそうです。

恐らく、仕事で訪問した際に、安達幸さんが一人暮らしであり、人目が少なくいと把握した上での犯行だと思われます。

犯行の動機は報じられていませんが、おそらく借金か何かが原因で、当座のお金が必要で犯行に及んだのではないでしょうか?捜査が進むことで明らかになるとは思いますが、間違いなく金銭目的で襲ったのではないでしょうか。

Sponsored Link

◆事件の概要

5月に事件発覚当初のニュース報道は以下の通りになります。

石川県宝達志水町85歳女性惨殺事件…遺体発見前夜に襲撃か

24日10時40分頃、石川県宝達志水町(ほうだつしみずちょう)散田(さんでん)の民家で、この家に住む無職・安達幸(みゆき)さん(85)が風呂場で倒れていると、親族の女性から110番通報があった。石川県警羽咋(はくい)署員が駆けつけたが、安達幸さんは既に死亡していた。安達幸さんの背中には刃物が刺さった状態で、司法解剖の結果、死因は背中を複数刺された事による失血死だった。石川県警は殺人事件として、石川県警羽咋(はくい)署に捜査本部を設置した。

石川県警羽咋署によると、安達幸(みゆき)さんは一人暮らし。親族の女性は、数年前に亡くなった安達幸さんの夫の月命日で訪れた。玄関の鍵は掛かっておらず、室内に荒らされた痕跡は無く、風呂場で服を着たままうつ伏せで倒れていたと言う。

安達幸さんはご遺体で見つかる前日の、23日21時00分頃に死亡したと見られる事が25日、石川県警羽咋署捜査本部への取材で分かった。

23日午前に、自宅近くの田んぼで日課の農作業をしている姿を見たと言う近所の男性は、「手を挙げると軽く会釈してくれた。おとなしくて真面目な人。信じられない」と、驚きを隠せない様子だった。

知らせを聞いて現場に駆けつけた、安達幸さんの次男は、20日にも田んぼの手入れで来たと言い、「こんな田舎でこんな事があるとは想像もしていなかった」と、肩を落とした。

現場は、石川県宝達志水町役場から南東約2キロメートル、JR七尾線南羽咋駅から約5.5キロメートルの田園地帯にある集落。

末平征広容疑者に殺害された翌日が、安達幸さんのご主人の命日であり、その命日に安達幸さん宅に親せきが訪れたことで事件が発覚しました。

もし、親戚の方が訪れなければ発覚はかなり遅くなっていたかもしれません。

また、部屋が荒らされた跡がないということは、事前に安達幸さん宅に訪れたさいに、おおよその目星を付けていたのかもしれません。

ですから、おそらく風呂場で掃除か何かをしていた安達幸さんの背後から襲い、その後にバックなどを持ち去ったのだと思われます。

◆末平征広容疑者が安達幸さんを襲った犯行現場

今回の事件の現場は、5月の事件発覚当初の報道で、安達さん宅付近の映像が流れていましたので、その映像をもとに現場を特定しました。

街の中心部から離れた、のどかな田園地帯で、まさかこんな事件が起きるとは、誰も思っていなかったと思います。

◆まとめ

これから全国で、一人暮らしのお年寄りは、どんどん増えていきます。特に、今回のようなローカル地域では、普通に鍵をかけなかったりすることが、未だにあったりします。そのような点も改善していかないと、今回のような犯罪がまた起こってしまうと思いました。

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする