蛇塚元太 顔画像は? 公安の警官が痴漢、女子高生に検挙された?被害の女子高生がお手柄

またまた警官の不祥事が発生しました。今回は警視庁公安部の警官である蛇塚元太容疑者が、JR埼京線の車内で、女子高生に対する強制わいせつの容疑で逮捕されました。

JR東日本管内でもっとも痴漢の多い路線として有名な、埼京線の車内で痴漢行為に及ぶとは、蛇塚元太容疑者はある意味チャレンジャーかもしれません。

今回の事件は、蛇塚元太容疑者が逮捕された経緯が話題になっています。

スポンサーリンク





◆蛇塚元太容疑者は被害者女子高生に取り押さえられ逮捕

今回の事件は、蛇塚元太容疑者がJR埼京線の武蔵浦和から赤羽に向かう車内で、女子高生のスカートの中に手を入れて触った容疑で逮捕されたのですが、通常とは経緯がちがったようです。

今回は、下半身を触った直後に、被害者の女子高生が蛇塚元太容疑者の手を押さえて、「触りましたよね」と蛇塚元太容疑者が取り押さえたそうです。

蛇塚元太容疑者の痴漢行為の被害にあった女子高生の勇気ある行動で、蛇塚元太容疑者が逮捕にいたった訳ですが、事件はここで終わりません。

◆駅員に暴行 逃走をはかろうとするもあえなく御用

痴漢行為の現行犯で女子高生に取り押さえられて、電車から降り駅事務所に連れていかれる際に、逃走を試み、その際に、駅員の男性に肘内を食らわせけがを負わせましたが、逃走は失敗し、逮捕されました。警察は、女子高生に対する強制わいせつ容疑のほかに、駅員への傷害容疑も視野に捜査を進めているそうです。

ここからは推測ですが、痴漢容疑をかけられて、線路内に飛び降り、逃走を図るケースが以前に何度もありましたが、蛇塚元太容疑者も同様に逃走しようとしたのかもしれません。

ただ、線路内に逃走後、検挙されたら、別の罪を重ねることになり、JRからも遅延にかかわる損害賠償請求される可能性などを考えると、蛇塚元太容疑者にとっても、逃走は失敗してよかったのかもしれません。

スポンサーリンク





◆蛇塚元太容疑者の顔画像は?SNSリサーチの結果

蛇塚元太容疑者の顔画像やプロフィールをネット上でリサーチしましたが、Facebook、Twitterともに、蛇塚元太という名前のアカウントは存在しませんでした。

ただ、蛇塚元太容疑者は警視庁公安部の警官ですから、SNSのようなインターネットツールを使っていないのは、ある意味、当然かもしれません。

さすがに、公安部の警官の詳細な情報はでてこないかもしれません。

この辺は、続報が入り次第共有します。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする