チケキャン終了 トラブル発生 通報から当局の圧力に屈した? チケット高額転売終焉の予感

最近、チケットの高額転売が問題になっていましたが、チケット売買サイトのチケットキャンプはサービスを一時停止しました。

いきなりのサービス停止で、一切の取引ができなくなっている模様です。

おそらく、当局からの指導が入り、サービスを停止させて、高額転売の温床にならないように完全を求められたのかもしれません。

Sponsored Link

◆チケキャンの一時停止は捜査がらみの模様

チケキャンに関するニュース記事がでてきました。

ミクシィは12月7日、子会社のフンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」において、新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止すると発表した。

 同社は、チケットキャンプにおけるサイト上の表示について、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査を受けたことを公表。事件の詳細については、捜査当局において捜査中とし、捜査に全面的に協力するとしている。

 ミクシィ側では、事実の確認および原因の究明のため外部の弁護士を交えた調査委員会を設置。委員会の構成等の詳細、調査結果の公表日程などについては、決定し次第公開するという。

 これらにともない、チケットキャンプにおける新規出品、新規会員登録および、新規購入申し込みを一時停止することを決定。なおチケキャンダンクシートとXFLAG JAMシートは対象に含まないという。なお、チケットキャンプ上に出品され、取引が開始されていないチケットについては、運営事務局により出品取り下げの手続きをするという。出品されているチケットで取引が進行中のものについては、取引が完了するまでサービスを利用できるという。

チケットキャンプにおけるサイト上の表示について、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査ってなっていますが、完全に別件で、チケットの流通を止めさせた感じですね。

おそらく、当局の本丸は、高額チケット転売を完全にやめさせることなんでしょね。

ある意味、興行側も高額転売を黙認してきた部分もありますが、東京オリンピックに向けて、チケットの高額転売の温床となるプラットフォームを潰していく感じかもしれません。

先日も、チケキャンは本人確認厳守などの措置を講じたばかりでしたが、それでは足らなかったのかもしれません。

◆メルカリやヤフオクは?

当然、チケット転売のサイトが止められれば、他に流れるのが自然な流れですが、メルカリ、ヤフオクの出品状況はどうなっているのか?

メルカリ

もともと、チケットの販売もメルカリは取り扱っていたので、これから一気に出品が増えるような気もしますが、おそらく早いタイミングで規制が入りそうですね。

ヤフオク

ヤフオクもけっこう出品されていますね。

ただ、メルカリもヤフオクも出品に関しては、色々厳しくなっているので、ここも早い段階で何らかの規制が入るような気がします。

Sponsored Link

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする