山崎雅人 女子高生を誘拐 顔画像は? このタイミングでまさかのSNSを悪用して女子高生に接触

座間の凶悪事件で、SNSを介した犯罪に関して注意が向く中、群馬県でSNSを悪用した女子高生誘拐事件で、容疑者が逮捕されました。逮捕されたのは、山崎雅人容疑者です。

山崎雅人容疑者は逮捕後の供述で容疑を認めているそうです。

あんな事件があった直後にも拘わらず、SNSを介した事件が一向に減る気配がない状況なので、今回の事件について調べてみました。

Sponsored Link

◆山崎雅人容疑者の顔画像は?SNS調査の結果

山崎雅人容疑者の名前をネット検索しても、同姓同名のプロサッカー選手がいるので、今回犯行に及んだ山崎雅人容疑者の情報がなかなか出てきません。当然、顔写真も。

Facebookやツイッターでも同様の状況で、さらに複数アカウントがあるのですが、山崎雅人容疑者のモノとの裏付けがありませんので、掲載は差し控えます。

現時点で分かっていること。

名前:山崎雅人

年齢:28歳

住所:埼玉県川口市

職業;会社員

山崎雅人容疑者の詳細は明らかではありませんので、続報が入りしだい更新します。

◆山崎雅人容疑者が誘拐した公園は?

報道によると、山崎雅人容疑者と女子高校生が落ち合った場所は、群馬県大泉町内の公園と報じられています。埼玉県川口市の自宅から、車にのって大泉まで、山崎雅人容疑者は向かった訳です。

山崎容疑者の自宅の川口と大泉町の位置関係

参考までに川口市から大泉町(いづれも役所を設定)のルートと距離を調べてみました。距離で74kmで車で約2時間の距離です。

誘拐現場の大泉町の場所

さらに大泉町の公園の数を調べると、全部で40か所あるそうです。

この町の40か所の公園から誘拐現場を特定するのは至難の業ですが、大泉町以外の人と待ち合わせる場合、それなりに大きな公園である可能性があります。

ここからは推測ですが、おそらく以下の4つの公園のうちのどれかだと思われます。

城之内公園

志部公園

御正作公園

いずみ総合公園

いづれにせよ、この公園のいづれかに、女子高生に会うために、わざわざ2時間近くかけてやってきたのだと思われます。

Sponsored Link

◆座間の事件後も減らないSNSを使った犯罪

座間で発生した凶悪事件でも、犯人と被害者を繋げたのはSNSでした。今回の山崎雅人容疑者も、同様にSNSで女子高生と知り合い、交流を重ねていき、実際に会うに至っているわけです。もちろん、今回の事件は、座間の事件が発覚したあとで、実際に会っている訳ですから、この辺は何か手を打たないと、同様の犯罪は減らないと思われます。

今回、事件が起こった群馬県警のサイバー犯罪対策課の調査によると、2017年度の上期にSNSなどを介して事件に巻き込まれた18歳未満の人数は15名で、15歳と16歳がもっとも多かったそうです。群馬県でこの数ですから、人口の多い都市部や全国規模で考えると、かなりの人数がSNSでなんらかの事件に巻き込まれていることになります。

山崎雅人容疑者は、スマホゲームを通じて知り合い、その後、SNSを介して直接やりとりをして、会うにいたったようです。

◆山崎雅人容疑者の女子高生誘拐事件の概要

この事件の概要を最後に掲載しておきます。

神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件を契機に、群馬県などが会員制交流サイト(SNS)を悪用した犯罪への注意喚起を呼びかける中、同県内の高校2年の女子生徒(17)が男にSNSで呼び出され、連れ去られる事件が起きた。男は28日に未成年者誘拐の疑いで県警大泉署などに逮捕され、生徒は保護されたが、再発防止策の強化が求められる。

 逮捕されたのは、埼玉県川口市の会社員、山崎雅人容疑者(28)。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、生徒が未成年であることを知りながら、SNSで「あなたが好きです。付き合ってください」などとメッセージを送り、26日午前10時ごろ、群馬県大泉町内の公園付近に生徒を誘い出し、乗用車に乗せて自宅に向かい、27日午後5時45分ごろまでの間、誘拐したとしている。

 同日未明、生徒の父親が同署に通報し、発覚した。同署によると、父親は「スマートフォンのゲームを通じて(生徒が)山崎容疑者と知り合ったらしい」などと説明。生徒は山崎容疑者と10月からメッセージをやりとりし、直接会ったのは初めてだった。

◆まとめ

SNSの利用に関しては、特にスマホネイティブ世代は、バーチャルとリアルの知り合いの垣根がなくなっているので、従来の価値観上での教育指導ではなく、時代に即した形で行わないと、このような犯罪は減らないと思います。

Sponsored Link
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

シェアする

フォローする