白石隆浩 8か月前に住んでいた豊島区のマンションでも異臭発生していた・・・凶行は座間だけで終わらない? 座間事件 

捜査が進むにつれて、白石隆浩容疑者の凶行がリアルに伝わってきます。事件の報道を目にする度に、本当に想像を絶する事件だと言うことを改めて感じます。

最近はメディアからの情報の他に、SNSでも真偽は別にして、様々な情報が流れています。特にこの手の情報はTwitter上に沢山あり、各メデイアもTwitterの情報をもとに、ツイートし人に取材をしているようです。

そんな中、考えたくはありませんが、白石隆浩容疑者が以前住んでいたマンションでの話が急浮上してきました。

スポンサーリンク





■白石隆浩容疑者が8か月前に住んでいたアパートでも異臭とハエが大量発生

今日のスッキリの報道であったのですが、8か月前に白石隆浩容疑者が住んでいた、東京の豊島区のマンションでも悪臭騒ぎがあったと。しかも、大量のハエが発生していたとの情報もありそうです。

考えたくはないですが、今回の座間での凶行を考えると、無いとは言い切れません。

この豊島区のアパートでの一件も、真偽のほどは定かではありませんが、おそらく続報がある可能性が高いと考えられます。

今回の座間での事件は、氷山の一角かもしれません。

ちなみに、このアパートに白石容疑者が住んでいると思われる時に、前の事件が起こっていたようです。

スポンサーリンク





すでにメデイアでも報じられていますが、上記事件で検挙され、執行猶予付きの有罪判決を受けています。その判決が確定後に、今回の事件現場のすぐ近くにある、白石隆浩容疑者の実家に引っ越したようです。

この実家に戻る前に住んでいたのが、今回注目されている、豊島区のアパートのようです。

■メディアもネット上で白石隆浩容疑者の過去を情報収集

確かに、最近のネット上での情報特定のスピードはすさまじい速さがあります。ただ、その記事元に対して直接ネット上で取材依頼をするケースが増えているようです。

もちろん、それをきっかけに真相が明らかになることも多いですが、詳細な審議を確認せぬまま、メデイアで報じられるケースも増えています。

特にテレビメデイアや新聞などがそのように報じてしまうと、すべてが事実のように受け手が感じてしまうので、非常に危険とも言えます。

結構、報道後の誤報謝罪も増えてますから・・・

それにしても、今回の事件は、闇が深そうだし、まだまだ色々と出てくるような気がします。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする